前へ
次へ

レンタル携帯を利用する際に選べるパターン

携帯電話としてスマホを所有している人はとても多く、今では1人1台があたりまえの時代にもなってきています。
そんな携帯電話ですがガラケータイプもありますが、やはり一番多い利用タイプとなるのがスマホになります。
そんな携帯電話ですが1台だけでなく複数所有したいと希望している人も多くいます。
仕事用とプライベート用で分けて利用したいという人などは、特に複数携帯を所有していることもあります。
ですが複数所有したいけど2台目の利用頻度はとても少なく、費用面などを考えると購入できずに諦めている人もいます。
そのような人におすすめなのがレンタル携帯と呼ばれるサービスとなります。
レンタル携帯は2台目の携帯電話をよりリーズナブルな費用で利用したい人に人気のあるサービスとなっています。
実際にレンタル携帯はキャリアと契約するのではなく、レンタル会社との契約になるのでぐっと費用を抑えられる特徴があります。
では実際にレンタル携帯を利用する場合ですが、レンタルパターンがいくつか種類があります。
まず1つめのレンタル携帯のパターンとして本体をSIMカードの両方をレンタルする方法です。
本体とSIMカード両方をレンタルとなるので、電話番号自体の契約はレンタル会社の名義になります。
また電話番号もまったく新しい番号を利用する事になるので、プライベートとは別に活用したい人にはおすすめです。
ただし契約はレンタル会社が名義となっているので、キャリア決算などのサービス利用はできません。
2つ目のパターンとなるのがスマホ本体のみをレンタルする方法になります。
SIMカードは自分が今まで所有していた物を利用するので、電話番号や通信データなど今までと同じように利用ができます。
3つ目のパターンとなるのがスマホを購入してSIMカードをレンタルする方法になります。
スマホ本体を安く購入したい人に人気のあるパターンとなっています。
このように利用者の需要に合わせてレンタル携帯のパターンを選ぶことが可能となっています。

Page Top